つれづれセキュリティコンサルタント日記

アクセスカウンタ

zoom RSS セキュリティ費用について

<<   作成日時 : 2006/11/06 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お初にお目にかかりまする。困猿候補生と申します。

色々なお客様のところに行くと、どの程度セキュリティに予算を回せばよいかとよく聞かれます。利益力や経営環境により一概に幾ら程度とは言えませんので、国家を例にとり説明します。

大国と呼ばれる国家が、現状どの程度国防に予算を回しているかをGDPと国防費を示します。GDPを『売上げ』、国防予算を『セキュリティ費用』と考えると平均した予算比率が出ますね。

指標として、日本、中国、英国、独逸、仏蘭西、米利建の6カ国の2005年のGDPと国防費を取りました。


下記が、各国のGNPと国防予算の一覧表です。

★GDP(2005年)

 日本  約4兆2789億ドル(約504兆9,180億円)
 中国  約2兆2257億ドル
 英国  約2兆2,031億ドル
 独逸  約2兆2600億ユーロ(約2兆8724億ドル 2003年GNP及び経済成長率からの類推)
 仏蘭西 約2兆1060億ユーロ(約2兆6767億ドル)
 米利建 約11兆7,343億ドル(名目2004年)


★国防予算(2005年 世界平均GDP比:1%〜4% 程度)

 日本  4兆8564億円(約411億ドル GDP比約1% 国家予算:82兆1829億円 予算費:約6%)
 中国  2005年 約2477億元(約3兆7155億円、GDP比1.4%)
 英国  291億ポンド(約550億ドル 約6兆4900億円 GDP比:約2.5%)
 独逸  239億ユーロ(約300億ドル 約約3兆5850億円 GDP比:約1%)
 仏蘭西 約420億ユーロ(退役軍人年金を含む 約530億ドル 約6兆3000億円 GDP比:約2%)
 米利建 2005年 4,236 億ドル(約50兆円 GDP比:約3.61%)

※1ドル:118円、1ユーロ:1.26ドル、1ポンド:1.88ドル、1元:15円で、各指標を換算

★情報ソース

  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html
  http://www.jda.go.jp/j/library/archives/yosan/index.html


結果としては、GDPに対し国防費は1%〜4%程度ですね。この程度であれば、国民及び諸外国に対し、自国の安全を担保していると表明できるのではないでしょうか。

企業にも同じことが言え、ある程度のセキュリティに予算を回さないと、株主、顧客及び世間に対してセキュリティ義務を果たしていると表明できないと言えます。

ただ、企業も国家と同じで、国を食い潰してまで行なう政策は既に政治ではありません。セキュリティ予算の配分は、適切な予算を確保すべきですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役 (単行本)
経営の原理原則は「売上を○○に、経費を△△にする」。会社経営のベースとなる考え方は・・・ ...続きを見る
速読 & 読書 感想文
2006/11/06 10:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セキュリティ費用について つれづれセキュリティコンサルタント日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる